YAMATO TAKKYU

メニュー

  • アドバイザリースタッフ紹介
  • TSP
  • VICTAS

会社概要

社長ご挨拶

兒玉義則

弊社は、1931年にセルロイドのボール製造から始まりました。その後、TSPブランドを立上げ、85年以降、卓球用品の総合メーカーとして歩んで参りました。
2011年に新ブランド「VICTAS」を発表し、2013年には、世界に弊社の製品の良さを直に伝えたいという思いで、ドイツと中国に現地法人を立ち上げました。
TSPブランドは、「Total Support for Players」をテーマにプロ選手から卓球愛好者まで幅広く愛用して頂いており、VICTASブランドは、「今の勝者を破り、明日の勝者になる」をテーマに高品質、プロ仕様の高級ブランドを目指しております。
また、単なるモノの製造、販売に留まらず、「ものづくりから夢作り」のスローガンを掲げ、卓球選手、卓球愛好者は元より、一般の方々にも卓球の楽しさや面白さを伝え、卓球を通じて、社会に貢献していく所存です。
今後もお客様とともに夢が拡がるものづくりに努めてまいります。

ヤマト卓球株式会社 代表取締役 兒玉義則

会社概要

商号

ヤマト卓球株式会社

本社所在地 〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3丁目6番3号
TEL:06-6633-1951(代) FAX:06-6647-2790
設立
昭和6年5月 鈴木セルロイド工業個人創業
昭和34年4月 ヤマト工業株式会社設立
昭和38年10月 ヤマト卓球株式会社と社名改称
平成21年9月 株式会社アストールと合併(存続会社である株式会社アストールは、同日ヤマト卓球株式会社に社名変更)
資本金 90,000,000円
決算 年1回(3月)
営業品目 卓球用品全般
国際卓球連盟公認、日本卓球協会指定球TSPアストール卓球ボールの他、日本卓球協会公認の卓球ラケット、ラバー、卓球台、その他卓球用具及び卓球用服装の製造販売
取扱ブランド TSP VICTAS XIOM
役員

代表取締役社長 兒玉義則
取締役会長 松下浩二

取締役 菅弘志
中村国善
鈴木茂
和田祐司
監査役 高橋浩
事業所

東京営業所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-20-15 浅草橋ミハマビル本館5階
TEL:03-3865-2350 FAX:03-3861-9478

福岡営業所
〒812-0044
福岡県福岡市博多区千代4-29-46 アストール博多ビル403
TEL:092-631-2621 FAX:092-641-8980

名古屋営業所
〒461-0025
愛知県名古屋市東区徳川1-901 サンエース徳川ビル3階
TEL:052-856-3171 FAX:052-856-4982

札幌営業所
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西7-1-1 井門札幌パークフロント9階
TEL:011-804-8725 FAX:011-806-3922

工場

和泉工場
〒594-0031
大阪府和泉市伏屋町4-11-32

中津川工場
〒508-0351
岐阜県中津川市付知町7775

従業員 78名(ヤマト卓球ヨーロッパ、ヤマト卓球中国を含む)2015年4月1日現在
海外連結子会社 ヤマト卓球ヨーロッパ(ドイツ) ヤマト卓球中国(中国/上海)
取引銀行 東京三菱UFJ銀行青山通り支店 
三井住友銀行御堂筋支店
みずほ銀行赤坂支店
商工中金船場支店
加入団体 1.大阪商工会議所 2.社団法人大阪府工業協会 3.社団法人日本スポーツ用品
工業協会 4.関西スポーツ用品工業会 5.関西セルロイドプラスチック工業協同組合
国内主な取引先 株式会社エスエスケイ
ゼット株式会社
ヒロウン株式会社
唐橋卓球株式会社
海外取引国 中国
アメリカ
イギリス
ドイツ
韓国
香港
その他、シンガポール・台湾等の東南アジア方面
スイス・フランス等ヨーロッパ方面

会社の沿革

昭和6年5月 創業者鈴木教之が東京都北王子において鈴木セルロイド工業所を個人創業し、主として卓球ボールの製造販売に従事する。
昭和13年4月 大阪市東成区腹見町に移転
昭和22年7月 大阪市北区永楽町に株式会社ヤマト商会を設立、販売部門の強化を図る。
昭和25年4月 大阪市東区黒門町(玉造)にティエス工業株式会社を設立、製造部門の強化を図る。
昭和26年11月 (現)大阪市天王寺区上本町5丁目に大阪卓球センターを竣工、卓球台14台を設置。当時としては東洋一の規模を誇る卓球場を直営した。
昭和27年5月 株式会社ヤマト商会をティエス工業株式会社に吸収合併し、製進販売の一本化を確立し、併せて卓球用具、用品全般の製造販売に向かって業務拡張する。
昭和31年10月 西暦1956年、当社製TSPアストール商標の卓球ボールが国際卓球連盟(ITTF)の公認球として認定された。
この事実は国卓球ボールとして日本最初の快挙であった。
以来、ITTF公認の卓球台、ネット、卓球ラケット、ラバー等国際的優良卓球用具を開発製作し、日本圏内はもとより、ヨーロッパ、南北アメリカ及びアジア全域に輸出し、日本製卓球用品の名を高らしめた。
昭和34年4月 ヤマト工業株式会社を設立し、本店を(現)大阪市天王寺区上本町5丁目に置く。鈴木教之が代表取締役社長に就任し、ティエス工業株式会社の一切の業務を敬承する。
10月需要の増大に伴い、工場機械化の必要に迫られ、布施工場を布施市八戸の里に新築移転する。
昭和38年10月 社名をヤマト卓球工業株式会社からヤマト卓球株式会社に発展的改称する。
11月東京都渋谷区千駄ヶ谷に東京営業所を開設。
昭和39年11月 大阪卓球センターを改築、名称を上六卓球センターと改称する。
昭和45年9月 (現)大阪市浪速区難波中3丁目、大阪府立体育館西隣にヤマト卓球ビルを新築、大阪店として、実質上の本社機能を移す。
昭和45年10月 大阪市淀川区木川東4丁目に新大阪工場を建設、八戸の里より工場を移転する。
昭和51年4月 福岡市博多区博多駅前に福岡営業所を開設
昭和54年4月 札幌市中央区に札幌出張所を開設
昭和55年4月 名古屋市中村区に名古屋出張所を開設
昭和55年8月 世界卓球連盟公認ワールドカップ卓球大会に参加、会場使用卓球用品すべてのオフィシャルサプライヤーとなる。
昭和59年4月 創業者社長鈴木教之死去のため退任、翌月鈴木サザ子代表取締役社長に就任
昭和60年4月 東京営業所を渋谷区千駄ヶ谷より台東区浅草橋3丁目に移転
昭和61年4月 青森市長島2丁目に青森連絡所を開設
昭和62年4月 福岡営業所を博多駅前より博多区千代4丁目に移転
昭和63年4月 名古屋、札幌出張所を営業所に昇格、現在に至る。
平成2年5月 西暦1990年より世界卓球連盟公認、TSPワールドチームカップ卓球大会のメインスポンサーとなり、第1回大会を日本に於いて開催した。
平成21年12月28日 鈴木英幾代表取締役社長が退任し、相談役に就任
新たに、松下浩二が代表取締役社長に就任
平成23年1月1日 高品質でプロ仕様をコンセプトにした新ブランド「VICTAS」が登場